morilog

東京から鹿児島にIターンした20代男子の日々の記憶や記録、気づきをつづるブログ。

過去と未来は案外つながっている。というお話し。

 

本日、某校区の立志式なるイベントに参加しました。

(立志式とは、元服にちなんでお祝いであったり、色々と決意を改める日として地域ごとに催されている場のこと。)

 

イベントに参加していたときは、暗黒期でしかなかった中二時代を雑に振り返ってしまったのですが、ちょっと時間が経ってそういえばそんなこともあったな。というのが出てきたので、案外過去と未来は巡りめぐって繋がってるんだなということを書いておこうと思います。

 

そういえば、過去こんなことを考えてました。

 

実は臨床心理学士とかカウンセラーの仕事に関心があったり。

実はデザイン系の高校の受験を考えていたことがあったり。

 

今とは一見繋がりがないように見えないことも、日々の対話やファシリテーション、コーディネートの設計や見えないものに対する本来的なやり取りとしては大きく変わらないんじゃないかな、と。

 

案外どこかで繋がるし、それは過去の自分が後押ししてくれて力の源になったり、結果やりたいことに戻ってくることで更に未来を作っていくことになるんじゃないかと思います。

 

そして14歳の彼ら彼女らと接して、自分自身も変化を恐れないことや、その時の感情を忘れないことに改めさせられました。(今後自分がどこに向かっていきたいのかも。)

 

ともあれ、公を担う仕事を夢に掲げた子もいた中で、彼ら彼女らが20歳になる2025年はどんな社会になっているのか、その時35歳になる自分達の世代に課せられている責任があると思うと、とてもとても考えさせられました。。(次の世代の存在感を感じてしまった...)

 

雑記な感じということで、今日はライトに。